読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アキナースカイ

彼氏なし結婚なし子供もなし、さらに仕事も愛猫も失って何にもないから放浪の旅に出たアラサー女の記録

【アユタヤ】コップンカーが止まらない自力アユタヤ巡り

自力でアユタヤに行ってきました。
ツアー会社を使わずに。

初めはツアー会社を考えていたのですが、ネットで調べると自力で行った人がたくさんいたので、
節約したいわたしも自力でアユタヤまで行くことにしました。

まずはタイの国鉄フアランポーン駅でアユタヤまでのチケットを買います。

フアランポーン駅。でかい。


チケットが買えたので、列車で食べる用にサンドイッチとコーヒーを買い、
乗る時間の10分前に駅のホームへ行きました。
予めネットで時刻表を調べて8:25だと書いていたのですが、ここで事件発生!
実際電光掲示板に書かれてたのは8:30だったので、その時間だと思ってチケットをちゃんと見なかったのが間違い。
さぁて、ホームへと思ったら時間が8:20て書いてる。

えっ、えっ、8:20とは⁉︎

駅の近くのおばさんにチケットを見せたら「もう行ったよ!あーあ」的なことを言われる始末。
そう、チケットを買ったのに電車を逃してしまいました。
ちゃんとチケットの時間を見なかったがために!
バカ!自分のバカ!

と、焦りましたがよく考えると20バーツって約64円。
んじゃ別にいっか!次のに乗ろう!
てことで1時間待つことに。


次は9:25。逃しちゃダメ、絶対!


列車で食べようと思ってたサンドイッチを食べながらぼーっと過ごし、早めに列車のホームへ向かい列車に乗り込みました。

列車の中はこんな感じ。

エアコンはなくてファンのみ。
窓全開でめちゃくちゃのんびり走ります。

道中色んな人が乗って来て席はぎゅうぎゅう。
子供連れのパワフルお母さんとかわいい子供がわたしの隣に座りました。

大きな荷物を抱えながら小さな子供の面倒を見るお母さん。
(このお母さん、小さな子供以外にもあと2人小学生ぐらいの子供を連れてました)
お母さんはどこの国でも大変だなぁなんて見ていると、
周りに座ってた地元のおばさんと小学生ぐらいの子供、他のおじいちゃんやおばさんなどみんなで会話しながらその子供の面倒をみようとします。
あー、タイって周りにいる人達みんなで気にかけるんだなぁなんて思いつつ、列車に揺られてました。

しばらくのーんびり進むと何やらアナウンスが。
英語なんだかタイ語なんだかよくわからない言葉で何やら流れています。
聞き取れたのは「アユタヤ」のみ。
ん?アユタヤ?アユタヤがどうしたの?
なんて思っていると、アユタヤに行くであろう欧米人が次々降りて行くではないですか!

えっ、何々⁉︎この列車はアユタヤまで行かないの?どういうこと⁉︎

とあわあわしたので近くにいた、子供の面倒見ようとしてた英語のできるおばさんに聞いてみることに。
(その前にこの人に「どこから来たの?どこに行くの?」と話しかけられ、日本から来た。アユタヤに行くと会話してました)
すると、ここで降りて別の列車に乗り換えるんだよ。20バーツだよ。
と教えてくれました。

えっ、違う列車に乗り換えるのか。この列車アユタヤ行かないのか。
なんて思っていると何やらそのおばさんが子連れのパワフルお母さんにタイ語で話しかけています。
パワフルお母さんも了承しているご様子。
どうやらパワフルお母さんも違う列車に乗り換えるから、このジャパニーズガールを連れて行ってあげてと言っていたようです。
このお母さんの後をついていきなさいとのこと。

な、な、なんて優しいの!
ありがとうがすぎる…。コップンカー!

乗り換える列車が来たのでそれに乗り、すでにわたしは15バーツ払っていたの5バーツのみを払います。
ここで気づいたけど、さっきの列車はアユタヤに行かないんじゃなくて、
行くんだけど、今乗り換えた列車が快速で速いからこっちに乗り換えなということだったんですね!
さっきまではちんたらちんたら進んでいたものが快速なのでスムーズに進みます。

そんなこんなでぼーっとしてたら、パワフルお母さんがわたしにアユタヤ着いたよ!って声かけてくれました。
危ない危ない、めちゃくちゃぼーっとしてたから乗り過ごすとこだったし、アナウンス聞いてもアユタヤって言ってる気配0だった…。

お母さんが教えてくれなきゃ完全に乗り過ごしてたよ。
さっきの英語話せるおばさんといい、見ず知らずの外国人にここまで優しくしてくれるなんて本当にありがたすぎて、
最後に何度もコップンカーってお母さんに言ってから別れました。

皆様の優しさに支えられ、アユタヤ駅到着。

1人だからトゥクトゥクだと高くつくし、節約のため&楽しいからってので、レンタサイクルすることに。
アユタヤ駅目の前にあるお店で自転車を借り、地図をもらい、遺跡のある方へさぁ出発!

なんだけど、遺跡のある方へ行くにはとてつもなくでかい陸橋を渡らないといけないっぽい。
いやだけど、本当にでかい陸橋で車もビュンビュン走ってるし、これ本当に自転車が通っていいの?怒られないの?
と不安になったので、その辺にいたおじさんに聞いてみると、どうやらその陸橋を渡るでいいらしい。

そうなのか。こんなに車通り凄いけどここ渡っていいのか。
と思っていると、そのおじさん、車が少なくなるまでわたしを手でぴっと、待ての合図をしていて、さぁ今行きなさい!と渡るタイミングを教えてくれました。

あぁ!ここでもタイの人に面倒見てもらってる…!
またしてもコップンカーだよ!おじさん、本当にコップンカー!

タイの人の優しさに感動しながら車と共に爆走し、無事陸橋を渡り、地図を見ながら遺跡巡りです。

まずは、有名なあの仏像があるところへ行って来ました。
ここは入場料を払って入ります。(確か50バーツ)

超有名なこの仏像。これを撮影するには普通に立って撮ってはいけないのです。
仏様を見降ろすなんて無礼な行動はしてはいけないので
この仏像と並んだり、撮影をする時はしゃがんで仏像よりも頭を低くしなければいけないのであります。



他の遺跡も迫力があってすごい!
わたし自身絶対にこれを見たい!っていうものはもう終わったので、あとはサイクリングがてらてきとーに見つけたものを見て行きました。





ゾウさん乗ろうかと思ったけど、めちゃくちゃ間近で見れたので満足して終了。

一通りさらっと見たので15:30頃にまた陸橋を爆走し、
今度は列車に乗り遅れないよう&ちょっとゆっくりしたかったので1時間後のチケットを買い、家路へと帰りました。

なんだかアユタヤ目当てで行ったのにアユタヤの遺跡よりもタイ人の暖かさの方が印象に残った日でした。
I'mジャパニーズって英語のできるおばさんに言ったら
「You are same thailand!」って言われたよ!(嬉しい)

★ちなみに!猫ちゃん情報★
アユタヤの帰りに繁華街で有名なタニヤ通り&パッポン通りに行ってみたら、猫カフェがありました。


ブログランキングに参加しています。
↓よかったらポチッとお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村